2014年08月29日

マウスとタッチパッドの各操作と役割 1


 マウス/タッチパッドにはさまざまな種類のものが存ちしますが、基本的なボタンとその役割は変わりません。なお、一部のメーカーは独二のボタンが存在するものや、基本とは別の磯能を割り当てているものもあるので、それぞれの取扱説明書も併せて参照してください。


①左ボタン:対象の選択や実行など、さまざまな役割がある。windows8.1 oem一般的に左ボタンを押すことを「クリック」と呼ぶ
②右ボタン:モダンUlスタイルではタイル/アプリアイコンの選択(P.37参照)やアプリバーの表示(P.16参照)、デスクトップでは対象に対するショートカットメニューが表示される。一般的に右ボタンを押すことを「右クリック」と呼ぶ
③ホイール:ホイールを上/下回転することでスクロールを行うことができる。また、マウスホイールがクリックできるマウスでは、この「マウスホイールボタン」をクリックすることで、いくつかの特殊操作を行うことができる(タスクバーアイコンなど、P.198参照)






関連記事:







Posted by minokey  at 11:30 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。